一番安い月の土地権利書は2,700円

月 土地購入

月 土地購入

商品内容

・月の土地権利書/月の憲法/月の地図
・月の土地権利書(和訳・A4)/月の憲法(和訳・A4)
・土地所有権の宣言書コピー(英文)
・オリジナル封筒

【サイズ】
権利書:縦35.5cm×横28cm
オリジナル封筒:縦38cm×横30.5cm

価格

2,700円(税・送料無料)

購入後の管理費用等は一切必要ありません。

譲渡や相続による「名義変更」(表記名の刷り直し)と盗難や紛失など

お客様のご都合による「再発行」に付きましては手数料を頂いております。

月の土地権利 購入者の声

30代 男性

結婚式の両親へのプレゼントに友人に勧められ、今回購入することにしました。
大切な人への最高のプレゼントが出来そうです。ありがとうございます。

20代 女性

彼氏へ贈って好評だったので、今度は父にプレゼントします。
絶対喜んでもらえるとおもいます!ありがとうございます!!

30代 女性

会社の同僚がオーナーズカードをすでに持っていて、とても憧れていました。
私と彼は「月」が大好きなので、彼の誕生日にプレゼントしようと思います。
とても思い出の残る誕生日にしたいです☆

月の土地を販売者デニスホープと販売権利書

月に「自分の土地」を持ってみませんか?

約1200坪の「月の土地」が2,700円で購入できます。
満月の月夜が楽しみになります。

月の土地を販売しているのは、アメリカ人のデニス・ホープ氏

(現アメリカルナエンバシー社CEO)

同氏は「月は誰のものか?」という疑問を持ち、法律を徹底的に調べました。

すると、世界に宇宙に関する法律は1967年に発効した宇宙条約しかないことがわかりました。

この宇宙条約では、国家が所有することを禁止しているが、個人が所有してはならないということは言及されていなかったのです。

この盲点を突いて合法的に月を販売しようと考えた同氏は、1980年にサンフランシスコの行政機関に出頭し所有権の申し立てを行ったところ、正式にこの申し立ては受理されました。

これを受けて同氏は、念のため月の権利宣言書を作成、国連、アメリカ合衆国政府、旧ソビエト連邦にこれを提出。

この宣言書に対しての異議申し立て等が無かった為、LunarEmbassy.LLC(ルナ・エンバシー社:ネバダ州)を設立、月の土地を販売し、権利書を発行するという「地球圏外の不動産業」を開始しました。

月の土地は日本や一部の国ではバレンタインや誕生日のプレゼント

今や、この月の土地はバレンタインや誕生日のプレゼントとして男性から女性へ、女性から男性へプレゼントされるなどたいへんロマンチックな贈り物として地位を築いています。

月に土地を買えるなんて、

今まで知らなかったあなたにも

すぐに手に入れる事が可能なのです。

月の土地が買えるってほんと?!「月の土地」1エーカー2700円